中性脂肪とはどんな脂肪なの?脂肪がつく部位について

中性脂肪とはどんな脂肪なの?脂肪がつく部位について

中性脂肪ってよく耳にするけれど、実際には意味があいまいという方も多いかもしれません。で中性脂肪とはどんな脂肪で、またどこにつく脂肪なのか疑問に感じている方もいるでしょう。

 

そこで今回は中性脂肪とはどういった脂肪なのかについて解説していきます。ダイエットを考えている方、健康診断で中性脂肪が多いと言われた方、ぜひ参考にしてください。

 

中性脂肪とはどんな脂肪?

中性脂肪とは私たちの体のエネルギー源で別名ではトリグリセリドと呼ばれます。健康診断などの結果では「TG」と表示されていることがあるでしょう。これは、悪者のように言われることがありますが、私たちが健康を保つためには必要なものであって適切な基準値の範囲内で保たれる必要があるものです。

 

食事や飲酒によって摂取した糖質や脂質といったエネルギーが消費されないと、余ったエネルギーが肝臓で中性脂肪となって肝臓や脂肪細胞に蓄えられます。蓄えられた中性脂肪は食事の量が減ったり、有酸素運動をしたりしてエネルギー不足になると、分解されて体のエネルギーとして消費されていきます。

 

つまり、摂取した分が消費されていけば蓄積されることはありません。健康診断で表示される数値は、肝臓に蓄えられた中性脂肪が血液中に再び分泌される量が表されています。

 

健康診断で前日の晩は食事を控えますが、そうすることによって肝臓に蓄えられた中性脂肪がどれぐらい血液の中に出てくるのかを知ることができるのです。

 

中性脂肪はどこにつくの?

では、この中性脂肪はどこにつくのでしょうか?皮下脂肪と内臓脂肪という言葉を聞かれたことがある方は多いでしょう。皮下脂肪は皮膚に近い部分に蓄えられた脂肪で、手でつまむことができ女性につきやすいと言われています。

 

内臓脂肪は皮膚よりさらに奥にあり、胃や腸などを包む腹膜の周りにつく脂肪で男性につきやすいです。これらの両方共が、ほとんどが中性脂肪でできあがっています。

 

男性であればポッコリとお腹が出てきたり、女性であれば二の腕、太もも、お尻、下腹などに皮下脂肪が付きやすかったりするでしょう。ですから、体についている脂肪の多くは中性脂肪からできていて、ある程度は必要なものですが、適切な量を超えると肥満となり、動脈硬化などの恐ろしい病気を引き起こす原因となるものです。

 

まとめ

中性脂肪は人間が活動するうえで必要なエネルギー源なのですが、消費できずに体に蓄えられると体脂肪となります。体脂肪である皮下脂肪や内臓脂肪は中性脂肪から出来ています。

 

体脂肪が増えすぎると体に悪影響を及ぼしますから、定期的に健康診断を受けて、中性脂肪の数値を知り適切な数値におさめるように努めていきましょう。