中性脂肪の数値は高いほうが良いの低いほうが良いのか?

中性脂肪の数値は高いほうが良いの低いほうが良いのか?

「中性脂肪とよく聞くけれど、数値的には高いほうが良いのか、低いほうが良いのかわからないという方も多いことでしょう。中性脂肪と聞くと体に害となるイメージがあり、低いほうが良いのでは?と考えている方も少なくありません。

 

そこで今回は、実際のところ中性脂肪の数値は高いほうが良いのか、低いほうが良いのかについて紹介していきます。

 

中性脂肪の数値が高いとどうなる?

中性脂肪は私たちの体に必要なエネルギー源です。食事などにより摂取した脂質や糖質が消費されなかった分が肝臓などに蓄積されたものを指し、エネルギー不足になったり、有酸素運動をしたりすると消費されます。

 

中性脂肪の数値は肝臓に蓄えられた中性脂肪が血液中に再度分泌される量を表したものです。健康を保つために必要不可欠なものですが、では、中性脂肪の数値が高すぎると、「脂質異常症」という状態になり、血液中の悪玉コレステロールが増え、善玉コレステロールが減ってしまいます。

 

そうなると、血液の流れを邪魔するため、動脈硬化が起こって、脳や心臓の血管を詰まらせて脳梗塞や心筋梗塞などの命にかかわる病気や脂肪肝を発症する確率が高まるでしょう。ですから、中性脂肪の数値が高いのは良くないことが分かります。

 

中性脂肪の数値が低いとどうなるの?

では、中性脂肪の数値は低いほうが良いのでしょうか?実は、低すぎても体には良くありません。

 

中性脂肪は私たちが生きていくのに必要な栄養となるため、少なすぎると栄養不足となり動脈硬化を引き起こす場合があるのです。そのため、めまいや片頭痛、疲労感や肌荒れなどを生じさせることもあるでしょう。

 

また、中性脂肪の数値がかなり低い場合は、肝臓や腎臓、甲状腺などに疾患を抱えている場合がありますから注意が必要です。中性脂肪は悪いものというイメージを持っている方は少なくありません。
ですが、健康を維持するには必要なものですから、ダイエットをする際に過度に糖質や脂質をカットし過ぎると中性脂肪の数値が低くなりすぎてしまう危険があります。ですから、中性脂肪値は適切な数値の範囲内に保つことが大切です。

 

まとめ

中性脂肪の数値が高ければ良いのか、低ければ良いのかという疑問について取り上げてみました。答えは、高くても低くても健康を害する恐れがあるというものです。

 

適切な数値の範囲内に保てるように、食事や運動の習慣を見直し、ダイエットをする時にも極端なものにならないように注意していきましょう。